方法は2種類

CALENDAR

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

CHOICES ARTICLE

費用を節約するポイント

» READ

理想的な引越し業者を見つけ出す

» READ

業者を頼らず引越し

進学や就職で東京へ引越しをする人が多いのですが、他府県から引越しをする場合は、引越し代金がかかって大変なのかもしれません。そこで、東京へ安く引越しをするならどの方法がいいのか考えてみます。
まず1つ目が、安く引越しをするのなら荷物を少なくする必要があります。現在住んでいるところにあるいらない荷物をできる限り処分するのはどうでしょうか。家具や家電でまだ使えるものがあっても、処分をしてから東京で買った方が安いのか、持って行って使った方が安いのか計算してみるといいでしょう。東京に行ってから買うこともできますので、この辺りは柔軟に考えたいですね。
2つ目の安く引越しをする方法は、車を持っている知人に協力してもらうことです。知人と一緒に東京まで車に乗せて行ってもらって、さらに荷物も一緒に運ぶ方法です。全ての荷物を乗せるのは難しいかもしれませんが、自分も移動ができて荷物も運べることを考えると、とてもいいのではないでしょうか。
車に乗せることができなかった荷物は、宅急便などで送れば安くなります。また、知人には往復の高速代やガソリン代などを出してあげないといけませんが、それでも業者に依頼するよりも安くなります。

東京へ引っ越しするなら自分たちでも運ぶ

東京への引っ越しを考えると、全て業者に任せて引っ越しをするのか、自分たちで運べる物は運んだらいいのか考えます。無理して自分たちで運んでも、壊したり傷つけたりすると意味がありませんので、費用を抑えて引っ越しをするのなら、自分たちで運べる物は運んで業者も上手に利用するのがいい方法です。
まず、どんな荷物を自分たちで運ぶのか考えてみます。自分たちで運べる荷物は、衣服や身の回りの物です。これらの物はそれほど重たくないですし、車への積み方も適当に積んでおけばかまいません。衣装ケースに入れて運ぶことになりますが、持ちやすいですの力のない人でも十分に持てるのではないでしょうか。また、衣装ケースに服を入れる場合は、圧縮袋を使うと多くの服を入れることができますので、便利グッズを上手に利用したいですね。
他にも車に積める物があれば積めばいいのですが、テレビ、冷蔵庫、タンス、洗濯機などは自分たちで運ぶのはとても難しいです。これらの物は梱包などが難しく、積み方が悪いと簡単に傷をつけたり壊れたりします。ですので、業者にお願いをして運んでもらうのがいいのではないでしょうか。また、荷物の量が多くても少なくても一定の量まで料金は同じですので、どの荷物を運んでもらうのかうまく計算したいですね。

LIST

2017年08月07日
理想的な引越し業者を見つけ出すを更新しました。
2017年08月07日
覚えておきたい業界基本知識を更新しました。
2017年08月07日
費用を節約するポイントを更新しました。
2017年08月07日
方法は2種類を更新しました。

Copyright(C)2017 東京への引越しを賢く行うための選択肢 All Rights Reserved.